POSITIVO

 子供たちの夢を目標に

■活動理念

子供たちの “夢を目標” にできる環境つくりの中で、サッカーを通じて “良き人間” になることをいちばんに考えた活動を目的とする。

■夢を目標に

個の育成  それぞれの目標 ⇒ そのために何が必要か

基本技術の習得 ⇒ 子供が、いろいろなことにチャレンジするベース作り

 ●良き人間

● 自分自身と“たたかえる”人間

● 仲間を思う気持ち

● 自分で判断・自分で行動できる選手(人)

■育成ビジョン

いろいろな経験をする(サッカー全般)

⇒個人で、チームで、できることを増やしていく

■指導コンセプト

● ひとりひとりの長所を伸ばす

● のびのび楽しめる環境つくり

● 高い意識・技術・競技性の高さを求める

● 選手の強化を優先(チーム強化が目的でない)

 ●長所を伸ばす

● 長所 : こどもが好きなこと

① 観察 (コーチ・こども)

  ⇒ 各こどもが好きなことをみつける

② 環境つくり

  ⇒ 好きなことができるように

 見つける ⇒ 共有 ⇒ 理解

 (時間を共に過ごす)

 ●のびのび楽しむ

● 自由度の確保

ピッチ内外で約束事を作らない

子供たちの行動にリミットを設けるようなルールを作らない

 ●意識・技術・競技性の高さ

● 自分から“うまくなりたい”

● 試合で使える技術

● 勝敗にこだわる

● 1つ1つのプレーの完成度を求める

 ●選手の強化

チームの動きの“規律”よりも、“個人ができること” を増やす